スーパーカーランド !

こんにちは。
スーパーカーランドへようこそ。
名車 スーパーカーの紹介をしていきます !
動画視聴もあるよ !

タグ:NSX



1. 今日のスーパーカー


こんにちは。

今日紹介するスーパーカーはこちら!
NSX3

.
ホンダ 【NSX】!

2. オーバービュー


NSXは1990年から2006年まで16年もの長い期間フルモデルチェンジせず、
ホンダのフラグシップモデルとして販売されました。

発表当時、NSXは「それまでのスポーツカーの認識を変えた」とまで言われたんだ。

その認識とは、スポーツカーが「高性能」と「快適性」の両立を目指すということ。

この考え方はフェラーリやポルシェなどその後のスポーツカーに大きな影響を与えました。

当時ホンダはフロントエンジンフロントドライブ(FF)の車が販売の主力としていました。

開発者たちの「本物のスポーツカーをつくりたい!」という気持ちがかたちとなって、
ミッドシップエンジンのスポーツカーの製作がスタートしたんだ。

主な開発コンセプトは

・既存のスポーツカーの領域を越えて、限りなくF1マシンに近づくこと

・高性能と快適性の両方を目指すこと

・ドライバー中心のスポーツカーであること

「軽量で快適でもある」、
その相反する問題を解決するため、当時、新幹線にも使用されていた軽量で丈夫、錆びに強い「アルミ素材」を多く使用することに決めました。

その結果、世界初のオールアルミ製のモノコックボディーを採用したんだ。

スチール製をもちいるより全体で200キロも軽量することに成功しました。

さらに堅牢なボディ剛性にするため、ドイツのニュルブルクリンクで何度も何度も走行テストを繰り返し行ったんだ。

馬力は280馬力。最高速度なんと270km/h。

ちなみに、車名の【NSX】はニュー スポーツカー 、未知数のXをあらわしています。

車両価格も未知数で当時の日本の車としては最も高い800万円以上の価格帯でした。

「世界に通用する、そして日本を代表する新しいスポーツカー」はどのようなものか見ていきます。

3. スタイル


NSX3

紹介車両は後期タイプで固定式ヘッドライト。

前期タイプは人気の4灯式リトラクタブルヘッドライト。

NSX1

車体のフォルムはF16ジェット戦闘機「キャノピー」のイメージからデザインされている。

NSX11

マフラーをエンジンルームから遠くに配置することにより、
エンジンルームの温度上昇を防いでいる。

ボディと一体感があるフラット形状のインテグレーテッド リアスポイラー。

4. インテリア


NSX16

センタートンネルが真ん中にあり、スイッチ類がセンターコンソール部に飛行機のコックピットのような配置にある。

ランボルギーニのスイッチ配置も似た感じ。

5. メーター


6連アナログメーター。
NSX12

.

6. エンジン


3000cc V6自然吸気エンジン V-tec!

ちょうどエンジンは座席の後ろに位置している。

運転席に座るとエンジンの音は後ろ側から聞こえてくる。
NSX8

.

7. 装備


NSX6

当時にしてはめずらしい快適装備のクルーズコントロールを使用できる。

NSX5

カップホルダーは助手席の分も装備。

スポーツカーだと、標準でカップホルダーがなかったりするから快適装備の一つ。

NSX4

ドアノブはドアとウインドウの中間部分と変わっ位置にある。

NSX14

ボンネットのなかはけっこういろんな部品がごちゃごちゃある。

スペアタイアはしっかり装備。

NSX9

トランクはエンジン後ろのリアハング部分。

近代のスーパーカーにはない、ボディの後ろが長い「リアオーバーハング」形状。

ゴルフバッグが入るだけのトランク容量がある。

これもコンセプトの快適性がみられる一面。

ちなみに、純正ホイールはフロント14インチ 後ろ15インチと小さく、
オーナーさんは大きめに変えてしまうこれが多い。
ということは案外純正ホイール付きは価値があがるかもしれない。

栃木県警にはNSXのパトカーも存在する。

もしかしたらドバイのスーパーカーパトカーはここらへんからアイディアをもらったのかもしれない。

8. 動画視聴


ユーチューバーのドウグデミューロさんが【Doug DeMuro】チャンネルでNSXを紹介しているのでご視聴下さい。


【ホンダ NSX 公式サイト】
https://www.honda.co.jp/auto-archive/nsx/

https://www.honda.co.jp/auto-archive/nsx/2005/

【NSX30周年記念公式サイト】
https://www.honda.co.jp/NSX/30th_anniversary/?sid=twitter

9. スペック


国 : 日本

メーカー : ホンダ

タイプ : ミッドシップ

駆動 : リアドライブ

ステアリング : 左右

人数 : 2人乗り

エンジン : V6自然吸気エンジン V-Tec

トランスミッション : AT F5 F6

サスペンション : ダブルウィッシュボーン

ブレーキ :4輪ベンチレーテッド ディスクブレーキ

タイヤ : フロント205/50ZR15 リア225/50ZR16

最高速度 : 270km/h

HP : 280馬力

TQ : 30kgf/m

重さ : 乾燥重量1350キロ

サイズ : 長さ443.0cm x 幅181.0cm x 高さ116.0cm

プライス : 800万

10. まとめ


いいね👍ポイント

・クイックシフトでシフトチェンジ楽々。

・規制馬力限界の280馬力!

・日常の車として使用できる快適性。


もう少し✋ポイント

・アルミボディで初心者マーク🔰がつかないよぉ。
・若干の路面のガタは気にしないでね

・アルミ製だから、ぶつけたら板金できるかな。

はしる   

まがる   

とまる   

カッコよさ 

豪華さ   

レア度   

生産台数 : 世界18734(台内日本7415台)

価値 : 高性能と快適性というHONDAの価値をもった新時代のスポーツカー。

ライバル車 :

先代の車 :

また次回新しいスーパーカー紹介していきます。



1. 今日のスーパーカー


こんにちは。

今日のスーパーカーはこちら!

NEW NSX2


2. ストーリー


アメリカ国内でつくられているんだけど、日本のホンダという会社が作りあげた車なんだ。

日本の人もスーパーカー作りをしているんだね。

日本のホンダというメーカーは26年前に初代
エヌ エス エックス「NSX」という世界でも伝説になるスーパースポーツカーを作り上げたんだ。

今あるスーパーカーたちのお手本みたいなすごい車だったんだ。

そしてこの新型エヌエスエックスがフルモデルチェンジして復活したんだ。

3. スタイル


エンジンは車の真ん中に置いてあるから、前後バランスのとれたスタイリングだね。
形も外国のスーパーカーに負けないくらい、低くて、ワイドなんだよ。
NEW NSX2

NEW NSX7


キーを持っているだけでドアハンドルが自動で開くぞ。
NEW NSX3


エンジン1つ、モーター3つもついているんだ。
これをハイブリッドエンジンというんだよ。
この4つの動かす力を細かくコントロールしてすごく頭がいいんだ。
早いだけでなく、パワーもあって、よく曲がる。サウンドも静かな音、迫力のある音を選べるだ。
NEW NSX11


4. インテリア


インテリアはシンプルだけど品よく作られているよ。豪華さというよりも使いやすさを重視しているんだ。
NEW NSX9


カップホルダーが後からつけるタイプのアッタッチ式になってるのが少し残念だね。
アメリカで作られたからなのかな?
NEW NSX10


センターコントロールにあるシルバーボタンをまわすと、走るモードを4つに変えられるんだ。
静かなモード、スポーツモード、スポーツプラスモード、最後はレーストラックモードだよ!
NEW NSX4


トラックモードにシフトするとメーターもブルーからレッドに変化するんだ!メーターの目盛りまで細かくなるんだよ。
NEW NSX5

NEW NSX6


5. 動画視聴


ユーーチューバーのドウグ デミューロさんがどんな走りかYouTubeで紹介しているから観てみてね。
チャンネル登録もしてあげてくださいね。
9:30秒くらいに走るところがみれるよ。


NSX30周年記念公式サイト
https://www.honda.co.jp/NSX/30th_anniversary/?sid=twitter

6. スペック


国 :  ホンダ オブ アメリカ

メーカー : ホンダ

エンジン : 3.5 V6 ツインターボ スポーツハイブリッドAWD

トランスミッション : 9速デュアルクラッチトランスミッション

最高速度 : 308km/h

HP  : 581馬力

TQ :  65.9kgm

重さ : 1780キロ

プライス : 1600-2000万

7. まとめ


いいねいいね👍ポイント
エンジンとモーター、力を合わせて走り抜くよ!
静かな走り、迫力のサウンドどっちもできるぞ!
先を走る未来のスーパーカーだ!
ダイヤモンドLEDヘッドライトが輝くぞ!

よくないね✋ポイント
少し重たいかな。
カップホルダー後からつけるの?

はしる   

まがる   

とまる   

カッコよさ 

豪華さ   

レア度   

価値 :  頭のいい未来的なスーパーカーだぞ!

前の車 : 初代NSX

また次回新しいおもちゃのスーパーカーしょうかいするからみてね。

こんにちは、車業界18年になってしまったカールです。

整備士資格や専門知識、レースなどまったくわかりません。少し車を知ってるくらいなものです。
実際はそんな人も多いのではないでしょうか。

そんな目線から、スーパーカーを見ていきたいと思います。

今日は新型NSXを見てみたいと思います。

1990年から先代NSXが発売され、ヒーローカーとしてワールドワイドに評価されるに至りました。30年という時間の経過が目前ですが、その価値は落ちる気配がありません。

2017年に新型NSXがようやく登場しました。
日米合同チームにより米国で生産され、ホンダオブアメリカ製として、アメリカで先行販売されました。特筆すべきは、初代の心「新しい価値を生み出す、人中心のスーパースポーツ」を色濃く受け継いでいることです。

初代NSXの意味はNew Sport 未知数Xです。敢えてミステリアスにするところに、得体のしれないものを感じさせてくれます。
未知なるものができた、また、未知なるものに挑戦し続けるなど、いろんな意味を感じることができます。
また、新型ではさらにeXperiment「実験」eXperience「経験」といった意味も含まれてきます。
このようなコンセプトのもとに新型NSXは生まれました。

車高はわずか121.5cm、大人の胸の位置程です。そして車幅は194cmあるので地面を這うような外観ですね。フロント19インチ、リヤ20インチタイヤで前傾したようなデザインにもみえます。最近のイタリア車のようでもありますし、ホンダの今まで発売してきたスポーツカーのデザインも残しているように感じます。

フロントにはつり目の6連式ダイヤモンドLEDベッドライトが輝き、進行方向へ矢印形状のターンシグナルが光ます。
ボンネットに開いた二つの開口部がアクセントを与えます。

サイドのAピラーの曲がりかたとその細さにホンダの技術力の高さを感じます。これにより、フロントやサイドの広い視界を保っています。
さらに、ステアリングの上部を平にして視界を確保しながら、変化を与えています。
これも人中心の心ですね。

リアには横へ連なるアーク形のテールライトが光ります。未来感を感じさせてくれます。

テールゲートはフラットに仕上がっています。他のスーパーカーだと段差を作っていたり、こぶ状にしてあたりしますが、アクセントがないので少し残念です。

トランクルームはボンネット側ではなく、ミッドエンジンの後方に位置しています。先代を受け継ぐ位置ですね。ゴルフクラブセットがひとつはいる程度です。

新型NSXはV6 SH-AWDスポーツハイブリッドツインターボです。1基のエンジンと3基のモーターを積んでいます。二基の独立したモータが、ボンネット部へ搭載され、二つのボンネットキャッチが剛性を高める役割を果たします。

内装は高級感を保ちながら、比較的シンプルに、使い心地を重視しています。カーボンファイバーやアルカンターラなどの豪華装備はオプションとして、イタリア車とは違ったテイストを作っています。

住宅街を静かに走るクワイエットモード、オールマイティーなスポーツモード、ワインディングに最適なスポーツセプラスモード、走りを追及するトラックモードのスイッチがセンターコンソールに配備します。
その操作はTFTメーターと連動して、細かいメモリのタコメーターに変化したり、ブルーからレッドへ変化したりと、ドライバーへ至福の
体験を与えてくれます。

メーカーは違いますがトヨタLFAのメーターを思い出させるような、日本人特有の細部まで行き届いた素晴らしいメーターであると思います。

シフトチェンジレバーをボタン式に変え、パーキングレバーもボタン式とし、スペースを与えて人が中心の心を体現しています。

カップホルダーが備え付けでなく、アタッチメント式なのは目をつむります。

クワイエットモードでエンジンを始動すると、スポーツカーとは思えないほど車内は静かで快適な走りです。視界も非常に広く、町乗りや市街地にも最適なモードです。
スポーツモードにするとオールマイティーなスポーツドライブを楽しむことができます。
タコメータの目盛りが細かくなり、V6のエンジンサウンドが背後より味わうことができます。
スポーツプラスモードにかえれば、ブルー基調だったメーターは赤へ一瞬にして変化し、さらにスポーティーに走りを楽しむことができます。ワインディングに最適モードです。
タイムトライアルを楽しみたい時はトラックモードで、早い走りを追及することができます。

確かにイタリア車のように、700馬力とかモンスター級のパワーはありません。
R32スカイラインは法規制のもと280馬力でした。それでも新型NSXは500馬力もあります。V12エンジンのような圧倒するサウンドはありません。モータ主体のまったく静かな走りから、高回転のV12エンジンの素晴らしいサウンドまで自らコントロールできます。十分じゃないでしょうか?

3基のモータとターボエンジンを絶妙にシンクロさせて、9速デュアルクラッチトランスミッションがスムーズでクイックな走りを演出します。
この卓越した技術のもと、人中心の素晴らしい走りを作り上げています。

パワーだけでない、新しい時代の、考え抜かれたスーパーパフォーマンススーパーカーといえるのではないでしょうか。

イタリアのスーパーカーに比べると、このパフォーマンスで、このパワー、技術をもっていればかなりお買い得ではないでしょうか。

このすばらしい技術を来る電気自動車時代にも反映させていってほしいです。

↑このページのトップヘ