【立ち読み】750馬力!ランボルギーニ ヴェネーノ ロードスター!0-100km/h わずか2.9秒!世界9台限定!


1. 今日のスーパーカー


こんにちは。

今日紹介するスーパーカーはこちら!
VENENO7

ランボルギーニ ヴェネーノ ロードスターです!

2. ストーリー


2013年、ランボルギーニ生誕50周年を記念して、クーペタイプのランボルギーニヴェネーノ が世界3台限定モデルとしてロードスターに先行して登場しました。

その1年後、2014年に世界限定9台のみになるヴェネーノオープンモデルが発表されました。

その初お披露目された場所は、世界のスーパーカーが集まるといわれる中東のUAE都市国家アブダビ。

登場は華々しいもので、なんとイタリア海軍の空母「カブール」の甲板のうえで発表されました。【動画紹介に追加しました】

イタリア国がランボルギーニのブランド力を高めることに協力しているということですね。

ホンダNSXの発表を自衛隊の戦艦が協力するなんていうのは日本だと難しそう…

ヴェネーノ ロードスターのパワーは脅威の750馬力!
最高速度なんと355km/h。
0-100m わずか2.9秒!

ヴェネーノは700馬力のアベンタドール ロードスターをベースとして、さらに50馬力のパワーアップに成功しています。

主な開発コンセプトの柱は2つ。

 1. 「ロードを飛行するかのようなデザイン」と「エアロダイナミクスの向上」(戦闘機からのインスピレーション)

 2. 軽量化の追求

ちなみに、車名になってる「ヴェネーノ」とはスペイン語で「毒」を意味していて、過去の名闘牛士を死においやった闘牛の名前に由来しています。

どうして恐ろしい毒なんて名前を与えられスーパーカーなのか見てみましょう。

3. スタイル


VENENO16

.
VENENO5

ヒタイに大きなしわをよせたような、カウルカバーの激しい切り込み。

ボンネットには左右つり目形のカット。

長いノーズのようなプレスライン。

悪魔の笑いのようなフロントバンパーインレット。

げっそりこけた頬のようなY字型インディケーターランプ。

左右には鋭く尖った牙の形のフロントフィン。

みるものを威嚇、威圧するかのような、毒のある、強烈なボディーデザインに仕上がっている。

VENENO3

先行のクーペ3台はメタリックグレーのみ。

おそらくブランド戦略で毒毒しいイメージを崩したくなかったかもしれない…

オープンロードスターの9台はオーナーが自由にカラーを選ぶことが可能。

ちなみに、ヴェネーノの塗料は戦闘機で使われるものと同じといわれている。

サイドにはランボルギーニの所在地がある「サンタアガタ ボロネーゼ」のロゴエンブレムがつく。
所在地、生産地をリスペクトして形にすることは日本のメーカーも習って欲しいところ。

もちろんパネル類はカーボンファイバーパネル製。

リップ、サイド、ディフューザー、リアスポイラーの格エッジには蛍光色のライン(アクセントカラー)がはいる。
レッド、ホワイトそしてグリーンの三色があります。
この車両はグリーンの蛍光色のアクセント。

VENENO25

もはや、走るステルス戦闘機といっていいんじゃないかな。

好き嫌いがはっきり別れれるデザインだと思います。

さすがに仕事はこれで出勤できないから、使い勝手が悪いのは間違いない。

4. インテリア


VENENO19

インテリアもグリーンのランプで照らされ、まるで戦闘機のコックピットみたいだね。

ベース車両のアベンタドールと似たようなデザインの内装だけど、センタートンネルはヴェネーノ専用となっている。

センタートンネルには、定番になってきている真っ赤なエンジンスタートボタンカバー。

すぐ下には三色のトレコロール操作ボタン。
イタリアの国旗トリコロール。🇮🇹

ここでもイタリアの国を世界にアピールしつつ、ランボルギーニとのつながりをイメージさせてブランド力の向上をはかっているようです。

カーボンファイバー、アルカンターラが豊富に使われています。

シートはランボルギーニが新開発したまだら模様のフォージドコンポジット製。

5. メーター


VENENO1

メーターはアベンタドールSVJと同じ。

昔ながらのアナログ式メーターでなく、アニメーションチックなメーター。

6. エンジン


50馬力パワーアップされたV12自然吸気エンジン。

7. 装備


VENENO12

今までみたことないほど巨大なセンターピラーのあるリアスポイラー。

手動で3段階に切り替えが可能。

ブレーキかけると電動で角度かえたり、ワンタッチで開閉できたりする機能がないから残念。

センターシャークフィンにもトレコロールがついてるよ。

VENENO13

これもみたことない巨大なリアディフューザー。

まるでボディー下を流れたエアーを後方へジェット噴射するかのよう…

VENENO23

ロゴはLP750-4。750馬力の4WD。

8. 動画視聴


ユーチューブチャンネルの【shmee150】さんが走行動画をアップしているのでご視聴下さい。


さらに【ランボルギーニ オッフイシャルチャンネル】さんが動画をアップしているのでご視聴下さい。


【ランゴルギーニ ベネーノ 公式サイト】
https://www.lamborghini.com/jp-en/%E4%BC%81%E6%A5%AD/%E5%82%91%E4%BD%9C%E5%93%81/veneno

https://www.lamborghini.com/jp-en/%E4%BC%81%E6%A5%AD/%E5%82%91%E4%BD%9C%E5%93%81/veneno-roadster

9. スペック


国 : イタリア

メーカー : ランボルギーニ

タイプ : オープンロードスター

駆動 : 4WD

ステアリング : 左ハンドル

人数 : 2人乗り

エンジン : 6500cc V12 自然吸気ガソリンエンジン DOHC 46バルブ

トランスミッション : 7速インディペンデントシフティングロッド (ISR)セミ オートマチックギア

フレーム : カーボンファイバーモノコック

サスペンション : パッシブ モノチューブ プッシュロッド式サスペンション

ブレーキ : カーボンディスクブレーキ

タイヤ : フロント 255/30 ZR20 リア 355/25 ZR21

最高速度 : 355km/h

馬力 : 750馬力

トルク : 690Nm

重さ : 1,490キロ

サイズ : 長さ502.0cm x 幅207.5cm x 高さ116.5cm

プライス : 4億4千万

10. まとめ


いいね👍ポイント

・みんなあこがれる戦闘機マシーン!
・クーペとオープン合わせて世界に9台の稀少価値。
・ガルウィングドア!
・3本スポーク巨大リアスポイラー
・目をひくこと間違いないエッジアクセントライン。

もう少し✋ポイント

・アベンタドールと同じエンジン。パワーも1000馬力欲しかった。
・屋根ほしいよ。
・デザインやりすぎ?値段が高すぎる!

はしる   

まがる   

とまる   

カッコよさ 

豪華さ   

レア度   

生産台数 : クーペ世界3台 ロードスター世界9台

価値 : 世界でも最も稀少価値のあるそして天文学的なプライスのスーパーマシン。

ライバル車 : ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ

先代の車 : ランボルギーニ レヴェントン

また次回新しいスーパーカー紹介していきす。