スーパーカーランド !

こんにちは。
スーパーカーランドへようこそ。
名車 スーパーカーの紹介をしていきます !
動画視聴もあるよ !

2019年10月



1. 今日のスーパーカー


こんにちは。

今日紹介するスーパーカーはこちら!

992 CARERA S36

.
ポルシェ911 コード992型 カレラS だよ!

2. ストーリー


1964年以来、50年以上に渡って、911はポルシェのフラグシップモデルとして君臨してきました。
一つの車種としては最も長い部類に入る歴史があるよ。

ちなみに911っていうが車名で、992はポルシェのコードネームと呼ばれるもので車型を意味しているよ。
このコードネームで911の世代、車型がわかるんだ。

第一世代 901
第二世代 930
第三世代 964
第四世代 993
第五世代 996
第六世代 997
第七世代 991
第八世代 992

この新型911カレラSは8世代目になるよ。

新型911カレラSは水平対抗6気筒ツインターボエンジン 450馬力にもなるんだ。
もちろんエンジンは後方に置かれて、リヤホイールドライブ。
ミッションは8速PDK!
6速直結で最高速度に達して、高速巡航のために7速、8速がオーバードライブギアとして用意されているよ。
また、ウェットモードが追加されて、雨の日は走行安定性能重視のセッティングに切り替わるよ。
これはホイールアーチ内の音響センサーで水しぶきを感知するこで可能にしているよ。

先代からの伝統をぶれずにしっかり受け継いでいるのはもちろん、最先端技術をそろえて、現在、そして未来を見据えたスーパーカーに仕上がっているよ。

3. スタイル


フロント、リヤともに991型に比べてトレッドが拡大してワイドボディになってるよ。
991型はシャープな印象だったけど、992型はマッスル感がでているね。
長くてフラットなフロントフードだよ。
二本のプレスラインが空冷式のデザインを思い起こさせるね。
ヘッドライトはさらに丸さがました印象。
丸いヘッドライトの伝統を守りつつ未来感も必要だから、今後のモデルもヘッドライト形状には注目だね。
992 CARERA S1


サイドのボディラインは991型と大きな違いはないようだね。
フロントウィンドウは鋭い角度でたちあがって、リヤに向かって緩やかに流れるルーフライン(フライライン)は顕在。
911のフライラインをかたどったキー形状も992でも同じだよ。
他車のボンネットに対するフロントウィンドウの角度はフラットに近くなって空気抵抗を軽減しているようだから、今後どう変化していくか楽しみだね。
992 CARERA S36


リヤは大胆に変化しているよ。
まず縦じまの黒いリアリッドグリルが印象的だね。
そのなかには縦型のハイマウントストップランプがみえるね。
車体の端から端まで伸びた細長いテールライト。
さらにマフラーもバンパーの中に位置するから未来感のあるデザインになっている。
残念ながらエンジンルームはみえないよ。
992 CARERA S2


細長いテールライトは直線ではなく、かなり曲がっているんだね。
夜このライトが見れたら、幻想的な感覚になるね。
992 CARERA S28


4. インテリア


インテリアは水平方向にレイアウトされたシンプルなデザイン。
しっかり未来感も感じられる。
992 CARERA S39

992 CARERA S38


センターにはPCM高解像度10.9インチタッチスクリーンが装備してあるよ。
ナビもかなり見やすくなった印象。
車のスペックだけでなく、こういった付加装備もドライブを楽しくさせてくれる。
992 CARERA S24


シフトチェンジレバーも面白い形状だね。
シフト位置確認がメーターに小さく表示されるのが少し残念。
992 CARERA S6


マルチファンクションスポーツステアリング。
左右スポークにスイッチを配置しているよ。
右下にはドライブモードダイアルスイッチも装備。
その奥に見える五連メーターは圧巻だね。
中央タコメーターはアナログ式。左右には7インチディスプレイを配置。
さまざまな情報を的確にドライバーに知らせるよ。
まさに最新テクノロジーで、伝統とモダンの融合だね。
992 CARERA S15

992 CARERA S20


992 CARERA S19

992 CARERA S18


やっぱりスポーツクロノパッケージ。リザードグリーンカッコいい!
992 CARERA S14


5. 動画視聴


ユーチューバーのドウグ デミューロさんが新型911を運転しているからみてね。
チャンネル登録してあげてください


【ポルシェ 911(992型)カレラS公式サイト】
https://www.porsche.com/japan/jp/models/911/911-models/carrera-s/

6. スペック


国 : ドイツ

メーカー : ポルシェ

エンジン : 水平対抗6気筒ツインターボ

トランスミッション : 8速PDK

最高速度 : 308km/h

HP  : 450馬力

TQ :  kgm

重さ : 1515キロ

サイズ : 長さ4519 X 幅1852 X 高さ1300mm

プライス : 1666万

7. まとめ


いいね👍ポイント


よくないね✋ポイント

はしる   

まがる   

とまる   

カッコよさ 

豪華さ   

レア度   

生産台数 :

価値 :

先代 : ポルシェ911 991型

また次回新しいスーパーカー紹介するからみてね。



1. 今日のスーパーカー


こんにちは。

今日紹介するスーパーカーはこちら。

458 italia1

.
フェラーリ458イタリアです!

2. ストーリー


フェラーリ458イタリアは2009年から2015年の7年もの間、V8エンジンシリーズのフラグシップモデルとして販売されたスーパーカーです。

2019年現在、中古マーケットでもまだまだ人気のある完成度の高いスーパーカーです。

高性能はもちろん快適性も両立したバランスの良いスーパーカーです。

V8気筒 自然吸気NAエンジン。
数々のベストエンジン賞を取得しています。
最高出力なんと9000回転の高回転、高出力エンジン。
9000回転近くまでまわるエンジンサウンドは最高です!
出力も578馬力に達し、いよいよV8シリーズも500馬力超えに突入しました。

オールアルミ製シャーシで、新型サスペンション、カーボンセラミックブレーキ、E-Diff F1 trac ハイパフォーマンスABS といった、さまざまな電子制御が施され、先代のF430から大きく進化したスーパーカーになりました。
信頼性、燃費、安定感、安心感、乗りやすさが増して、とても完成度の高い、オールマイティーなスーパーカーとも言えます。

そしてフェラーリは以下のようないくつかの458のバリエーションを用意しました。

458スパイダー ルーフ格納14秒
458スペチアーレ
458スペチアーレ アペルタ 世界499台

レース車両
458チャレンジ
458GT3

3. スタイル


ピニンファリーナ デザインのフロントは先端が長く、低いボンネット形状になっています。
458 italia1


前後フェンダーは盛り上がりがあり、マッスル感が強調されています。
ヘッドライトは鋭いデザインでアグレッシブ。
458 italia3


サイドにまわると車体ががかなり低いのがわかります。
車高はわずか120センチしかありません。
458 italia20


バックにはむき出しの砲弾型2灯テールランプがシンプルでカッコいい。
ディフューザーもしっかり装備。
458 italia2


ルーフからリアハッチにかけては凹凸がなく、流れるようなデザイン。
ランボルギーニと比べると、アグレッシブな感じはないけど、平らに流れる感じがフェラーリの品を感じらます。
458 italia9


4. インテリア


シートは三種類あって、標準シート、オプションでデイトナシート、レーシングシートがあります。
カーボンインテリアもオプション。
458 italia18


インストルメントパネルは真ん中にフェラーリ伝統の存在感のある黄色のタコメーターを置き、その両サイドにTFT液晶ディスプレイを配置。
伝統と先端技術の融合が見とれます。
458 italia4


左側ディスプレイは水温、電圧、燃料計といった車両情報を、右側ディスプレイはナビゲーション、リアモニター、オーディオなどインフォテーメントを表示。
458 italia16


458 italia14

ドライバー中心のマルチファンクションステアリング。
最小限の指の動きだけでさまざまな操作ができます。
これで動作もクイックになり、運転に集中。
ステアリングは丸型でなく、六角形に近い形になっています。
そのためステアリング上部の視界もしっかりとれている。
458 italia17

ステアリングには以下の操作スイッチがついています。

エンジンスタートボタン
ヘッドライトローハイ切り替え
親指操作のウィンカースイッチ
親指操作のクラクション
ワイパースイッチ
マッティーノ電子制御システム切り替えスイッチ
カーボンステアリングオプションでシフトタイミングを知らせるLEDシフトフラッシャー
ステアリング裏にはオーディオ音量切り替えとソース切り替えスイッチ

あらゆる操作がステアリングでできて、バーチャルF1フィールを体感することができます。

このマッティーノモードスイッチでドライバーの技量にあわせてさまざまなセッティングで458イタリアのドライブを楽しむことができます。

基本は3つのモード
ウェット スポーツ レースモード です。

さらに運転技術のある人はCT CSTカットモードで本来の車両性能で走らせることも可能にならます。

エンジンも芸術品のように美しい。
458 italia13

5. 動画視聴


ユーチューブの【Saabkyle04】チャンネルで458イタリアを紹介しているのでご覧下さい。


ユーチューブの【Automann】チャンネルで458イタリア運転動を画紹介しているのでこちらもご覧下さい。


【フェラーリ 458イタリア 公式サイト】
https://www.ferrari.com/ja-JP/auto/458-italia

6. スペック


国 : イタリア

メーカー : フェラーリ

エンジン : 4.5リッター V8気筒自然吸気エンジン

トランスミッション : 7速F1デュアルクラッチ

最高速度 : 325km/h

HP  : 578馬力

TQ : 540Nm 55.1kgm

重さ : 1380キロ

サイズ : 長さ4527 X 幅1937 X 高さ 1213mm

プライス : 1800万-2300万

7. まとめ


いいね👍ポイント
高回転高出力、V8最終自然吸気NAエンジン!
まだまだターボ車にはまけないぞ!
エレガントな品のあるデザインのなかにもアグレッシブさもかいまみえる!女性にもおすすめ。
エンジン丸見えで、MAX9000回転の迫力のあるサウンド!
F1バーチャル体験で、信頼性のあるスーパーカー!

もう一歩✋ポイント
車高かなり低いからしたすり注意!
電子制御カット時は本性あらわすぞ、運転気をつけて!
カーボンブレーキききまくり、後方も注意。

はしる   

まがる   

とまる   

カッコよさ 

豪華さ   

レア度   

生産台数 : 

価値 : V8最終自然吸気エンジン。最高出力9000回転。大きく進化を遂げた信頼性のあるスーパーカー。

前の車 : フェラーリ F430

後の車 : フェラーリ 458GTB

次回また新しいスーパーカー紹介します。


目次

1. 今日のスーパーカー

2. ストーリー

3. スタイル

4. インテリア

5. 動画視聴

6. スペック

7. まとめ



1. 今日のスーパーカー


こんにちは。

今日紹介するスーパーカーはこちら。

aventador4
.
ランボルギーニ アベンタドール だよ!

2. ストーリー


アベンタドールは2011年ムルシエラゴの後継モデルとしてデビューしたんだ。
名前はムルシエラゴと同じように過去に活躍した闘牛の名にちなんでつけられたんだよ。

デザインは航空機からインスピレーションを得ていて、カメムシから発想されたともいわれているけどほんとかな?

開発者によると「未来を提案するスーパーカーであり、過去からのものをすべて否定し、ゼロベースで作成された」とアピールしているんだ。
ボディー、エンジン、ミッション、サスペンションなど新開発されているんだ。

V12自然吸気エンジンやシザードアなどムルシエラゴからしっかり受け継いでいる部分も見逃せないね。

6.5リッター V12自然吸気エンジン 700馬力 0-100km/h 2.9秒 まさにランボルギーニの真髄であるダイナミズムとアグレッシブさを備えたスーパーカーなんだ。

4000万円を越えるスーパーカーだけど、世界で5000台以上販売されていて、ロードスター、スーパーヴェローチェ、SVJ、ワンオフモデル、記念モデルなどアベンタドールの種類は多岐に渡っているよ。

ランボルギーニ史上、完成度の高いスーパーカーであることの証明だね。

アベンタドールの種類を簡単にまとめました。

アベンタドール
アベンタドールS LP740 エゴモード付き
アベンタドールS ロードスター
アベンタドールSVJ
アベンタドールSVJ ロードスター
アベンタドールSV LP750-4
アベンタドールSV ロードスター

ワンオフモデル
アベンタドールJ イオタ
チェンテナリオ

記念モデル
LP700-4 ピレリエディション
LP700-4 ミウラオマージュ 50台限定


3. スタイル


ミッドシップのエンジンを冷却するのにリヤフェンダー部分に大きなインテークが口をあけている。
そこに新鮮な空気が集まるようドアもデザインされているね。
aventador19


マフラーから炎を吹いたらもはやステルス戦闘機だね。
時代の先の先をゆくデザインだね。
カウンタックも未来型デザインだったけど、アベンタドールで完成された感じ。
後方視界はあまりよくなさそうだけど、
ボンネットからルーフ、エンジンフードのラインがシャープすぎてほとんど空気抵抗を受けなそうだね。
aventador5


上からみるとまた違った印象をうけるね。
フロントボンネットは案外小さくみえる。
フロントガラス、サイドガラスは結構おおきいんだね。
フロントサイドの視界はよさそうだね。
aventador4


ウラカンのヘッドライトはダブルY
だったけど、アベンタドールはシングルY。
なんかにらまれてるように見えるから前は走れないね。
ボンネットもプレスラインがアグレッシブさを演出しているね。
aventador18


夜このテールライトを見れたらラッキーだね。
細長いセンターストップランプと矢印のように流れるデザインのランプがクールだね。

aventador17


4. インテリア


操作ボタンをセンターコンソールに集中させて、ジェット機のコックピットのようだね。
aventador6


プッシュスタートは赤いフラップを持ち上げたてロックオンだよ。
aventador3


ストラーダモードではスピードメーターがメイン表示。
aventador1


コルサモードにするとタコメーターがメインに表示さるて、エンジンの状態がすぐに把握できるよ。
aventador15


エンジンもきれいに配置されているね。プッシュロッド式サスペンションもみえるね。
aventador12


5. 動画視聴


BBCのトップギアがアベンタドールを紹介しているから動画みてね。


6. スペック


国 : イタリア

メーカー : ランボルギーニ

エンジン : V12気筒自然吸気エンジン

トランスミッション : 7速セミオートマチック
アベンタドールからマニュアル車はなくなっちゃったよ

最高速度 : 350km/h

HP  : 700馬力

TQ :  70.3kgm

0-100km/h : 2.9秒

重さ : 1575キロ

サイズ : 長さ4780 幅2030 高さ1136mm

プライス : 3500万

7. まとめ


いいね👍ポイント
次世代先を走る新開発スーパーカー!
V12自然吸気エンジン、シザードアの伝統はしっかり受け継ぐぞ!
種類が豊富て完成度の高いスーパーカー!

よくないね✋ポイント
家が買えちゃう。庶民にはなかなか手の届かないスーパーカー!

はしる   

まがる   

とまる   

カッコよさ 

豪華さ   

レア度   

生産台数 : 5000台以上

価値 : 新開発!未来系スーパーカー伝説の幕開けだ!

前の車 : ムルシエラゴ

また次回新しいスーパーカー紹介するからみてね。


目次

1. 今日のスーパーカー

2. ストーリー

3. スタイル

4. インテリア

5. 動画視聴

6. スペック

7. まとめ



1. 今日のスーパーカー


こんにちは。

今日、紹介するスーパーカーはこちら。

hurakan performante4
.
ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ だよ!

2. ストーリー


ランボルギーニ史上最大ヒットとした、ガヤルドの後継モデルとして、2014年にランボルギーニ ウラカンが発売されました。

2017年、ランボルギーニの最新技術を駆使してウラカン ペルフォルマンテが登場したんだ。

ニュルブルクリンク 北コースで量産車最速 6:52.01のタイムを記録し世界を驚かせたんだ。

ウラカンからさまざまな改良を加えたんだけど、最大の特徴はアクティブ エアロ ダイナミクス システム ALA を採用したこと、フォージドコンポジットを多様したことなんだ。

今までスポイラーというと車体に固定した状態で風の流れが変化しないのが一般的だったけど、電動モーターで作動するフラップをもったフロントアクティブスポイラー、リアアクティブウィングを装備して、風の流れを変化させているんだ。
ALA オフでフラップを閉じたときは車体に強いダウンフォースを発生させ、オンの時はフラップをオープンにして抵抗を減らして、最速で走れる状態に変化するんだ。
 
新開発された素材フォージドコンポジットを使用して約40キロの軽量化に成功したんだよ。

3. スタイル


ボンネット、フロントガラス、ルーフそしてリアハッチにけてのラインがフラットで風の抵抗を受けないデザインがカッコいい。
サイドはえぐられたデザインでスリムにみえるね。
リアマフラーははかなり高めで左右近い位置に配置している。
排気効率やサウンドを考えているんだね。
hurakan performante2

hurakan performante7

hurakan performante3


アベンタドールはシングルYライトだったけど、ウラカンはダブルYヘッドライト!
ターンシグナルにも変化するフルLEDライトだよ。
hurakan performante30


テールライトも行きたい方角へYシェイプでしらせるよ。
hurakan performante31


後ろ姿もカッコいいね!
どことなくカウンタックっぽい。
hurakan performante27


これがフォージドコンポジット製のアクティブリアウィング!
大理石のようで、カーボンファイバーとはまた違った風合いをしてる。
ALAのエンブレムもみえるね。
ALAシステムとフォージドコンポジットパーツの軽量化が最速ラップの記録に貢献したんだよ。
hurakan performante24


ペルフォルマンテのエンジンはゴールドだよ!
ランボルギーニは特別なモデルには伝統的にゴールド色を使用しているよ。
hurakan performante33


ランボルギーニのロゴのはいったキー。
重量感があるね。
所有した人だけがもてる特別なもの。
hurakan performante34


4. インテリア


大きめのセンターコンソールに操作ボタンがあるねはウラカンと同じだね。
ほとんどジット機のコックピットのよう。
ハンドルはアルカンターラ製でにぎりやすそう。
hurakan performante


シートもアルカンターラ。
ここにもダブルYシェイプを使用しているね。
hurakan performante32


上部センタースクリーンにはイタリア語表示のオイルプレッシャー、オイルテンパーチャ、バッテリーゲージを装備。
横に配列した操作ボタンいいね!
hurakan performante13


赤いフラップを持ち上げてエンジンスタート!
シフトレバーはもう必要なし。
バトルシフトとボタン操作でシフトチェンジ。
hurakan performante14


ハンドルしたにあるセレクトスイッチで、ストラーダ スポルト コルサの3つのモードが楽しめるよ。
こちらはレギュラーなセッティングのストラーダモード。
メーターディスプレイもおとなしい感じ。
hurakan performante19


これはスポーツセッティングのスポルトモード。
hurakan performante21


これがコルサモード!
メーターディスプレイはがらりと変化して、タコメーターがディスプレイいっぱいに広がるよ。
エンジンの回転状態が一目でわかるね。
センターには大きな文字でシフトセレクト状態を表示している。
ゲーム感覚のメーターでドライブが楽しくなるよね。
hurakan performante20


スーパーカーには備え付けのカップホルダーがなかったりするけど、ペルフォルマンテはちゃんと用意しているよ。
hurakan performante22

hurakan performante17


エンジンスタートの赤いフラップの後方にある部品はなに?
これはアームレストだよ。
こんな小さいアームレストみたことない。
ただこれがあると運転楽だよね。
hurakan performante15

5. 動画視聴


ユーチューバーのドウグ デミューロさんがペルフォルマンテを運転しているからみてみてね。
チャンネル登録してあげてね


ALAシステム紹介動画 


6. スペック


国 : イタリア

メーカー : ランボルギーニ

エンジン : V10気筒自然吸気エンジン

トランスミッション : 7速LDFデュアルクラッチシステム

最高速度 : 325km/h

HP  : 640馬力

TQ :  61.2kgm

重さ : 1382キロ 乾燥重量

サイズ : 長さ4506 X 幅1924 X 高さ 1165mm

プライス :

7. まとめ


いいね👍ポイント
ニュルブルクリンク最速ラップ更新!6:52.00!
ランボルギーニ最新技術まんさい! ALAシステムとフォージド コンポジットパーツのコラボがすごいぞ!
Yシェイプデザインと六角形デザインがたくさんあるよ!探してみよう。
レースモードのメーターディスプレイ表示最高!

よくないね✋ポイント
シザードアほしかったなぁ。
こんな小さいアームレストみたことないよ。

はしる   

まがる   

とまる   

カッコよさ 

豪華さ   

レア度   

生産台数 :

価値 : ランボルギーニV10シリーズ完成形!最新技術の宝庫だよ。

前の車 : ガヤルド

後の車 :

また次回新しいスーパーカー紹介するからみてね。



目次

1. 今日のスーパーカー

2. ストーリー

3. スタイル

4. インテリア

5. 動画視聴

6. スペック

7. まとめ



1. 今日のスーパーカー


こんにちは。

今日のスーパーカーはこちら!

la ferrari48
.
ラ フェラーリだよ。

2. ストーリー


ラ フェラーリはフェラーリ高性能スーパーカーの五番目にあたるよ。
288GTO F40 F50 Enzoフェラーリ そして紹介するラ フェラーリだよ。
イタリア語の ラ は、英語のTheにあたるものだよ。
名前からも希少価値がみてとれる。
この名前のシンプルさ、短かさがフェラーリのアイコンになっているだね。

ブランドイメージをくずさないため、フェラーリによって選ばれた人にだけ新車の購入権利を与えらたんだ。

単にお金を持っていても買えない車なんだ。

もちろん世界500台限定だし、中古市場も三億近くあるから入手困難だけどね。

最大の特徴はフェラーリ初のハイブリッドシステムを搭載したスーパーカーだよ。
ただ、モーターだけで走行するEモードはないよ。
800馬力にもなるV12自然吸気エンジンと163馬力の電気モーターを駆使して、なんと963馬力にもなるんだ。

3. スタイル


la ferrari48

la ferrari49


サイドがシャープだからフェンダーの盛り上がりがマッスルな感じをだしているね。
ヘッドライトは吊り上がっているようにみえて
スピード感をだしている。
ボンネットのダクトはほんとに大きいよね。
バンパーの開口部も大きくとっていてブーメランを吊るしているようにみえる。
センターに向けてバンパーが形作られているよ。
ルーフも黒だから、赤と黒のコントラストが多くてカッコいいよね。
こんなに長いドアミラーみたことあるかな?
この細長い支柱は折り畳みできないんだ…。
la ferrari4


800馬力のエンジンを冷やすためにサイドにはこんなに大きなダクトがあるんだ。
たくさんの空気を送り込むためにドア部分のデザインも大きく車内側へ削ってしまったんだね。
la ferrari13


ドアの幅がすごいことになってる。
la ferrari14


リヤにはF1に見られる流行のリバースランプがついてるね。
4本出しマフラーで、大きなリアウィングがつく代わりに、リアフェンダーのデザインを空気を整流できるものにしているよ。
リアにも大きなダクトがあるね。
la ferrari50


忘れちゃいけないのがこのバタフライドア!
フェラーリには珍しいアイテムだね。
マクラーレンのディへドラルドアにそっくり。
ドアに幅もあるから豪快にみえるね。
la ferrari9


4. インテリア



バケットシートも赤のレザーでゴージャス!
ただし、軽量化や低いシート位置を保つためにその場に固定されているよ。
la ferrari19


こんな風に足下のペダルがドライバー席にアジャストされるんだね。
日本の車にはない面白いシートだね。
la ferrari20


ハンドルはほぼ四角いかたち。
手の感触だけでハンドルがどの位置かわかるね。
プッシュスタートボタン、サスペンションセット、ライトスイッチ、モードチェンジ、ターンシグナルボタンなどゆびで操作できるよう設計されているよ。
la ferrari16


ホーンボタンも直感的に指すぐ操作できちゃうよ。
la ferrari18


通常スポーツモードはフェラーリに特徴的なセンターが黄色のメーターだね。
la ferrari33


レースモードにするとメーターはがらりと変化して、カッコいいね!
la ferrari32


エンジンもコンパクトに収納してあって芸術品みたいだね。
la ferrari45


5. 動画視聴


ユーチューバーのドウグ デミューロさんがラ フェラーリを運転しているからみてみてね。
チャンネル登録してあげてね。


6. スペック


国 : イタリア

メーカー : フェラーリ

エンジン : 6.3リッター V12気筒エンジン プラス 電気モーター

トランスミッション : 7速デュアルクラッチトランスミッション

最高速度 : 354km/h

HP  : 963馬力

TQ :  71.4kgm

重さ : 1255キロ

サイズ : 長さ 幅 高さ 4702x1992x1116mm

プライス : 1億円

7. まとめ


いいね👍ポイント
フェラーリ初ハイブリッド高性能スーパーカーだ!
バタフライドアがついてライバルにも負けないぞ!
伝統のイエローメーターはもちろん、レースモードでTNTメーターが変化するぞ!

よくないね✋ポイント
プッシュスタートボタンだけどキーの差し込みが必要だよ。
ほとんど荷物積めないよぉ。
価格がたかすぎるよ。

はしる   

まがる   

とまる   

カッコよさ 

豪華さ   

レア度   

生産台数 : 世界499+1台

価値 : ハイブリッドスーパーカーの先駆けだ!
斬新なデザインでコーナーを攻めるぞ!

前の車 : エンツォ フェラーリ

またスーパーカー紹介するからみてね。

↑このページのトップヘ