スーパーカーランド !

こんにちは。
スーパーカーランドへようこそ。
名車 スーパーカーの紹介をしていきます !
動画視聴もあるよ !

2019年09月



1. 今日のスーパーカー


こんにちは。

今日、紹介するスーパーカーはこちら!

918 18

ポルシェ 918スパイダー だよ!

2. ストーリー


918スパイダーは2010年にポルシェのハイパフォーマンス コンセプトカーとして華々しく登場し、2013年から市販車として発売されだんだ。

先代はハイパフォーマンススーパーカーとして有名なカレラGTになるよ。
カレラGTと共通の部品を使用したりもしているんだ。

大きな特徴、スパイダーと言う名前からわかるようにオープンカーであること。
ただ今流行りの全自動ではなく、ルーフが2分割式で手動式なんだ。
まだ全自動オープンの技術が発達していなかったんだね。

もうひとつは、ガソリンエンジンと電気モーターを動力にもつハイブリッドスーパーカーなんだ。
動力だけでなく、エネルギー回生システムを装備していてブレーキにも利用しているんだよ。

エンジン 電気モーターすべてあわせると887馬力にまで到達するんだ。
5年以上前の車なのに、812スーパーファストのパワーを超えてしまっているすごいスーパーカーなんだ。
1リッターのガソリンで33キロも走れて、モーターの航続距離は26キロにも達するよ。
パワーだけでなく環境にもしっかり配慮されていて、未来を先取りしたスーパーカーだね。

3. スタイル


車体はカーボンファイバー強化プラスチック製モノコックタイプになっているよ。
車体が低いのはもちろんミッドシップエンジンの位置もかなり低い位置にある。

フロントはすっきりした印象かな。
フロントガラスの角度もシャープ。
タイヤハウスの盛り上がりがマッスルな感じだね。
赤いフロントスポイラーとドアミラーがマッチしているね。
ドアミラーはリアフェンダーの幅があるから、結構車体の外まで飛び出している。
918 18


サイドはたくさん変化があるね。
フロントフェンダーにはダクトがあって、ドアはエンジンに効率よく空気を送り込めるよう、大きくえぐれているね。
サイドを絞ってリアフェンダーはワイドになってるからスリムに見えるね。
ドア後ろの大きなダクトでたくさんの空気を送り込んでエンジンを冷却しているんだね。
918 1


リヤはアーク形のテールライト、赤の大きなリアウィング、巨大なカーボンファイバー製ディフューザー、赤でアクセントをつけているね。
マフラーはリアバンパー部ではなく、エンジンの上に後方へむけてつけらているよ。
このマフラー取り付け位置は戦闘機みたいでカッコいいね。
ルーフから後ろへ走るラインがエアロダイナミクスを感じるね。
918 16


高性能マシーンだから、エンジン上のフードは普通の人が開けられないようになっているんだ。
メンテナンスはポルシェの技術のある整備士さんに任せるしかないんだね。
918 2


こんな車体と一体になってるマフラー見たことない。
エンジンに排気口を近づけることにより、エンジンからでる排気ガスを効率よく排気して、パワーを作っているんだね。
すごくカッコいいけど、後ろの視界は小さな真ん中の小窓だけになっちゃってるから後方は見にくいんだ。
918 36


クロームとカーボンの絶好な調和。
フューアルキャップいいね!
918 42


4. インテリア


カーボンファイバーやアルカンターラ、レザーなどたくさんあるからシンプルなデザインだけど豪華にまとめられているね。
センターコンソールにある7インチタッチパネル式操作ディスプレイがかっこいいね。
ハンドルはポルシェでよくある3本スポーク、前方には3連メーター、さらにその横にナビディスプレイが装備するよ。
918 7


スポーツシートはレザーとアルカンターラコンビで作られていて高級感があるね。
ヘッドレストには918スパイダーのロゴがつくよ。
918 48


普段ディスプレイはブラックアウトしてるけど、一旦操作はじめると、操作ボタンがセンターコンソールに浮かびあがるよ。
指でタッチするだけで操作できちゃうよ。
プッシュスタートはついてなかったけど、このディスプレイは先進的なものになっているね。
ちなみにタッチスクリーンの横についているのが、カップホルダーだよ。
備え付けタイプでなく、取り外し式の簡易的なものになっちゃってるのが残念。
918 32

918 31


メーターは3連タイプ。
バッテリーの残り状態や、バッテリーのチャージャー状態がすぐににわかるよ。
918 30


ミッション操作レバーがほんとに小さいね!シフトのアップダウンはもちろんパドルシフト。
918 24


ハンドル左下に3つのボタンがあるよ。
一番上はクルーズコントロール。
Mのマークはマニュアルモード。
最後のダイアモンドマークは何だろう?

ジョーカーボタンといって好きな操作ボタンに設定できるよ。
918 22


ハンドル右下には4つのモードセレクトスイッチがあるよ。
1. E. E-ドライブモード モーターで走行するよ。航続距離は約26キロ。スピードは150km/hに制限されるよ。
2. H. ハイブリッドモード 電気モーターとガソリンエンジンで走行だよ。
3. S. スポーツモード
4. R. レースモード 赤いボタンでホットラップモードに入り、さらに、モーター出力がアップするよ。
918 25


キーはポルシェ911と同じ形状。億単位のスーパーカーだから918スパイダーのアウトラインに似せた専用キーが欲しかったね。
918 20


プッシュスタート式ではなく、シリンダーにキーを差し込んで、ひねってエンジンを始動させる古いタイプのものなんだね。
918 26


5. 動画視聴


ドウグデミューロさんが918スパイダーを運転しているよ。
チャンネル登録もしてあげてね。


6. スペック


国 : ドイツ

メーカー : ポルシェ

エンジン : V8 4.6L 自然吸気エンジン + 電気モーター3個 ハイブリッドシステム

トランスミッション : 7速PDK

最高速度 : 345km/h

HP  : 887馬力

TQ :  93.5~130.5kgm

重さ : 1674キロ

プライス : 1億円

7. まとめ


いいね👍ポイント
ハイブリッドシステムで環境にもいい、未来型のスーパーカーだ!
ガソリンと電気のちからで887馬力!
排気ガスもエンジン上からジェット噴射だ!

よくないね✋ポイント
カップホルダー備え付けがいいな。
プッシュスターとほしいなぁ。
ルーフが手動式か...残念。

はしる   

まがる   

とまる   

カッコよさ 

豪華さ   

レア度   


生産台数 : 世界918台

価値 : ハイブリッドシステムのハイパフォーマンス、ハイパワー未来系スーパーカーだ!

前の車 : カレラGT

また次回新しいおもちゃのスーパーカー紹介するからみてね。








こんにちは。

今日はポルシェのブレーキについてまとめました。

1. ポルシェ純正ブレーキ
各モデルのエンジン出力とサスペンションに精密に適合。
品質の高い素材と低摩耗性、耐用性が特徴。
モータースポーツからの技術を利用し、高い付加がある時でも、高い制動力。

クロスドリルベンチレーテッドブレーキディスクは濡れた路面でのブレーキ力を発揮。
そして冷却性能を最適化。

ブレーキャリパーはブラックのアルマイト製4ピストン方式。
また、レッドのアルミニウム製6ピストン方式。
高い剛性、圧力ポイントのすぐれた応答性、軽量、そしてタイトなペダルストロークが特徴。
PORCHE BRAKE1


2. PSCB ポルシェサーフィスコーテッドブレーキ
輝きを放つ先駆的装備。
ディスクに美しいタングステンカーバイドコーティング。磨耗に対しすぐれた耐摩耗性、ブレーキ応答性の向上。
さらに、ブレーキダストの減少、耐用年数延長。ディスク表面は鏡面へ変化。

キャリパーは白塗装。20インチホイールとの組み合わせでのみ利用可能。
PORCHE BRAKE2

3. PCCB ポルシェセラミックコンポジットブレーキ
妥協のないトップクラスの性能。

大型クロスドリルブレーキディスクにより高い制動力。
過酷な条件下のもと、極めて短い制動距離と安全性。
灰鋳鉄より50%軽いセラミックブレーキの軽量性。
効果はグリップ力向上、乗り心地の向上、俊敏性の向上。

イエロー塗装のアルミニウム製固定キャリパー。
PORCHE BRAKE3 まとめ

ポイント1: レッド<ホワイト<イエロー
ポイント2:  50%軽くなったセラミックディスクブレーキ



1. 今日のスーパーカー


こんにちは。

今日のスーパーカーはこちら。

ciron6

ブガッティ シロンだよ。

2. ストーリー


2005年からフランスのブガッティ オトモビル社が、時速400キロ超え、1001馬力のスペックでブガッティ ヴェイロンというハイパフォーマンスカーを販売し世界に衝撃を与えました。

ブガッティは2016年、8000cc 16シリンダー クワッドターボのモンスターエンジンを乗せて販売されました。
クワッドというのは4つのターボという意味。
そのスペックはなんと!
1500馬力! 最高速度420km/h以上!3億円以上!
その車の名がブガッティ シロンだよ。

イタリアやドイツなどのメーカーは車は極限まで軽くして、パワーアップやパフォーマンスをあげるんだけど、
シロンはヴゥガッティーよりも150キロ近く重たいんだ。
エンジンパワーがどれだけ強くなったかがわかるね。

3. スタイル


ciron1

ciron4

ciron14


フロントにはブガッティのフラグシップモデルを象徴する大きな馬の足跡の形をしたグリルがカッコいいよね。
バンパーにも大きなダクトがめだっているね。
ciron6


ヘッドライト横にも空気取り入れ穴があってブレーキやタイヤを冷やす役割があるんだね。
1500馬力じゃ止めるブレーキもしっかり冷やしてやらないと、止めれなかくなったら大変!
ciron7


ボンネットには大きな凝った作りのフィンがあるよ。
ciron10


サイドには大きな丸型のデザインがあるんだ。
これをブガッティラインとかCラインと言ったりするんだ。
スーパーカーはいろんな分かりやすいテーマをデザインに取り入れることが多いだね。
ciron13


Cラインは単なるデザインでなく、大きなダクトからエンジンに大量の空気を送り込むぞ!
1500馬力にもなると、エンジンの温度もみるみるあがっていくから、どんどん冷やさないとダメなんだね。
ciron12


後ろにはカーボンファイバー製のリアウィングが装備するよ。
なんと速度によって角度が変化してダウンフォースをうむだけでなく、ブレーキも補助するんだ。
左の端から右の端まで伸びる細いテールランプがあるよ。
夜走るとこ見れたら細い線が浮かびあがるからカッコいいだろうね。
ただ早すぎて一瞬だろうけどね。
ciron18


リアウィングも平らでなく、よく見ると空気を効率よく後ろへ逃がすためにフィンがついているね。
ciron21


ルーフからエンジンルームのうえまで大きなフィンが車体を半分にわけているね。
アクセントになっていて高級さを感じられるね。
ciron17


エンジン左にはエンジン型式のW16。
curon15


右には1500馬力が刻印してある。
ciron16


4. インテリア


赤のレザーを基調にカーボンファイバーもたくさん使われあり、ほんとに豪華な内装。
操作ボタンもごちゃごちゃしてなくて、シルバーでまとめられて分かりやすく、使いやすそうだね。
見た目の豪華さや色彩、手に触れた感じ、シンプルさ、そして機能性に配慮されているのがわかるね。
ciron31

ciron30


スポーツシートもゴージャスでシロンの刺繍がついているね。
ciron50


インテリアの中にもCラインがあるんだ。
このCラインでドライバーとパッセンジャーをわけているね。
スポーツカーには珍しい作りになっている。
さらにこのCラインはルームライトになっているんだ。
夜は幻想的な空間のなかでドライブできるね。
ciron41

ciron42


メーターはいたってシンプルだよ。
スピードメーターは昔からあるような針のメータだね。
両サイドにはディスプレイがあって、いろんな設定が表示されるよ。
ciron34


左のディスプレイには現在の馬力まで確認できちゃうよ。
ciron54


シフトノブは手にフィットするよう持ちやすく設計されているんだ。
質感もゴージャスそのもの。
シフトパターンがちょっと複雑だから気をつけないとね。
ciron40

ciron39


センターには3つの操作ボタンがあるね。
いたってシンプル。
ciron36


こんな重量感のあるディマースイッチ見たことないよ。
ciron53


ステアリングの右にはスタートストップボタン。ブルーで斬新な色になっているね。
下にはローンチコントロールボタン。
左にはモードコントロールスイッチがあるよ。
普通に街中を走るEBモード。高速道路を走るアウトバーンモード。車体が少し低く調整されるよ。
そして、トップスピードにトライできるレーストラックモードだよ。
最後に数センチ車体がアップするリフトアップモードだ。
ciron46


トップスピードに挑戦するときは、このようにリミッター解除キーを差し込むようになっているんだ。
もちろんタイヤとリムは新品にしないと危険だよ。
ciron24


いつかこのカッコいいキーを手にしたいね。
ciron26

ciron27


ウェルカムライトでお・も・て・な・し!
ciron56


5. 動画視聴


ユーチューバーのドウグ デミューロさんがシロンを走らせているよ。
チャンネル登録してあげてね。


6. スペック


国 : フランス

メーカー : ブガッティ

エンジン : 8リッター W16 クワッドターボ 16シリンダー

トランスミッション : 7速セミオートDSGデュアルクラッチトランスミッション

最高速度 : 420km/h

HP  : 1500馬力

TQ :  163.2kgm

重さ : 1996キロ

プライス : 3億円

7. まとめ


いいね👍ポイント
解除キーを使って世界最高速に挑戦だ!
外も中もCラインで超豪華装備!
可変リアウィングで風をもコントロールだ!

よくないね✋ポイント
センターディスプレイパッドがないよ。
ナビどこにつける?
もっと先進的なメーターがほしいなぁ。
メンテナンスでスーパーカー買えちゃうよ。
パワーあるけどエンジン大きくて重たいよ。

はしる   

まがる   

とまる   

カッコよさ 

豪華さ   

レア度   

生産台数 : 500台

価値 : 世界のトップを走る、世界最高速、高性能スーパースポーツカー。

前の車 : ブガッティ ヴェイロン

また次回新しいおもちゃのスーパーカー紹介するからみてね。









1. 今日のスーパーカー


こんにちは。

今日のスーパーカーはこちら!

superlegera 33

アストンマーチン DBSスーパーレジェーラ!だよ。

2. ストーリー


DBSスーパーレジェーラはアストンマーチンラインナップの一番上、頂点に立つスーパーカーだよ。アストンマーチンのフラグシップモデルだね。

ベースモデルDB11の超高性能、超軽量化したバージョンがGTSスーパーレジェーラなんだ。

スーパーレジェーラはイタリア語で「軽量化」という意味なんだよ。

アストンマーチンはイギリスの車なんだけど名前にイタリア語なのはなぜだろだろう?
イタリアのスーパーカーを意識してるのかもしれないね。

3. スタイル


エンジンは前に置かれて、後ろのタイヤをエンジンで回すんだ。
後ろにも席があるから4人乗りになっているんだよ。
人が乗り込むキャビンを大きくしてるから、エンジンが前でもフロントだけが長くみえないよね。
フロントフェンダーとリアフェンダーが筋肉をつけたように盛り上がって力強さを感じるね。
スタイルの美しさと力強さを表現しているんだね。
superlegera 33

superlegera1

superlegera2


このエンジンが725馬力を生み出すよ。
エンジンを組み上げたクラフトマンのネームがプレートに刻まれるよ。
職人さんに敬意を払っているんだね。
superlegera4

superlegera14


ヘッドライトは比較的小さ目ですっきりしている。
かわりに、フロントグリルはほとんどバンパーを占める程大きくしてあるね。
これはエンジンなどを効率よく冷やすのと、フラグシップにふさわしいデザインの意味合いもあるんだよ。
ボンネットもおうとつがたくさんあって複雑なかたちだね。
superlegera10


フロントフェンダーには大きなアウトレットダクトがあってカッコいいね!
グリルから入ってきた空気を外へ逃がして強いダウンフォースを生み出すんだね。
同時にブレーキも冷やしちゃうよ。
後ろに流れるようなデザインだね。
よーくみると、プレスラインがドアに少しかかっているね。
美しくみせるために、わざわざドアにもひと手間かけているんだね。
superlegera9


ボンネット開けるとタイヤが丸見えだね。
普通の車はパネルで隠れてみえないけど、これがカッコよく感じる。
superlegera15


ボンネットは軽量化のためカーボンファイバー製だよ。
平らでなくプレスラインが4つもついていてアクセントになっているね。
ステッカーとかペイントではない所が高級スーパーカーの証だね。
スーパーレジェーラのエンブレムまでボンネットに用意されてるよ。
superlegera6


テールライトはかなり細くなっているね。
ヘッドライトもそうだたけど、ライト類は小さめなんだね。
マフラーは4本だしでマットブラック仕上げになっているよ。
あまり目だたせない所がいいよね。
superlegera5


ボンネットのヒンジは前にあって、逆方向に開くんだよ。
昔の車にはよくあったんだけど、珍しいよね。
エンジンがキャビンよりにあるから、整備しやすくなっているのかもしれないね。
このボンネットにはソフトオートクロージャーまでついてるんだ。
至れり尽くせりの装備だね。
もちろん複雑なプレスラインも閉めた時にぴったり合ってるよ。
superlegera13


ヘッドライトのターンシグナルもアーク状になっていてカッコいいね。
他の車でテールライトだとアーク形よくあるけどフロントはめずらしいね。
superlegera12


4. インテリア


フラグシップモデルだけあってあらゆる場所が豪華に作ってあるよ。
superlegera 34

superlegera 35


シートも美しいステッチのついた超高級スポーツシート。
芸術作品みたいで座るのがもったいなくなるね。
イギリスのクラフトマンの技術力の高さを証明しているね。
superlegera17

superlegera 21


シートに座るとさらに芸術作品をみることができるよ。
ドアの内側もゴージャスにステッチしてあるよ。
軽量化だとカーボンファイバーやアルカンターラ素材を使うと思うんだけど、あえて美しさを表現しているんだね。
superlegera 20


さらに、メーターカバーまで美しいレザー仕上げになっているよ。
superlegera 21


Vの形を表したアルカンターラ製のルーフだよ。
シートもVの形のステッチでたくさんこの形が
使われているんだね。
他にもあるかもしれないから探してみてね。
superlegera 22


センターコンソールのフタにもきれいなステッチになっているね。
しかもフタが自動であけしめできるオートセンターコンソールだよ。
superlegera 23


フロントガラスの前にポップアップ式スピーカーがでてくるよ。カッコいい。
superlegera 25


普通の車みたいにギアセレクトレバーなんかないんだよ。
代わりにセンターコンソールのボタンでセレクトできちゃうよ。
superlegera 26


こんな誰にもみられないようなてころまで、レザーステッチになってる。
レクサスLFAはただのカバーだったから、見習わないとね。
superlegera 32


素晴らしい芸術作品のようなレザークラフトがたくさんついているんだけど、ドイツのベンツの部品や技術を使ってるところもあるんだよ。
このサークルコントロールやタッチパッドなどがそうだね。
すべてアストンマーチン製でないとこは残念だけど、
お互いに得意な分野を助けあって、素晴らしいものを作り上げているんだね。
superlegera 30


リヤシートが小さいよぉ。
乗り込むのも大変。
ただ、こんな豪華なリヤシートは今まで見たことないよ。
superlegera 31

superlegera31


5. 動画視聴


ユーチューバーのドウグ デミューロさんがスーパーレジェーラを運転しているからよ。
チャンネル登録してあげてね。


6. スペック


国 : イギリス

メーカー : アストンマーチン

エンジン : V12気筒ツインターボエンジン

トランスミッション : ZF製 8速オートマチックトランスミッション

最高速度 : 340km/h

HP  : 725馬力

TQ :  91.4kgm

重さ : 1693キロ

プライス : 3500万-4000万

7. 評価


いいね👍ポイント
美しく、そしてパワフルが融合してるね!
インテリアは芸術作品だよ!
豪華装備で乗るひとはだれでも幸せにしてくれるよ。

よくないね✋ポイント
グローブボックスがほしいよぅ。
ベンツ製の部品かな。
リアシートが狭いよぉ。

はしる   

まがる   

とまる   

カッコよさ 

豪華さ   

レア度   

価値 : 紳士の品格をもつゴージャスなスーパーカー

前の車 : DB11

後の車 : DBSスーパーレジェーラ ヴォランテ

また次回新しいおもちゃのスーパーカー紹介するからみてね。



1. 今日のスーパーカー


こんにちは。

今日のスーパーカーはこちら!。

SVJ5
.
ランボルギーニ アベンタドールSVJだよ。

2. ストーリー


ランボルギーニのアベンタドールは4000万円近くする高級スーパーカーにもかかわらず日本でもヒットしました。

そのスペシャルバージョンが、アベンタドールSVJだよ。

なんと770馬力!

世界で900台限定発売されたんだ。

SVはスーパーヴェローチェで特別なという意味なんだけど、さらにSVJは特別のなかの特別のスーパーカーという意味になるよ。

昔の幻しのスーパーカー ランボルギーニ ミウラ J イオタにちなんでつけられたんだよ。

3. スタイル


早く走るために、徹底的に軽量化されて、空気の抵抗をアクティブに小さく、完璧にデザインされているんだ。

SVJ2

VSJ3


アベンタといったらこれ。
シザードア!
お手上げです。
ヒカキンがシザードアを体で表現してた動画あったから探してみてね。
SVJのマークもJが赤くなっててカッコいい。
SVJ20


フロントには大きなリップスポイラーがつくよ。
スポイラーの中にALAシステムのフラップもみることができるね。
空気の流れをアクティブにコントロールするんだ。
バンパーの大きな開口部、ヘッドライトのYのかたちがカッコいいね。
バンパーの端にはフィンまでついてるんだよ。

SVJ17


ALA エアロトルクベクタリングのロゴもついてるぞ!
SVJ10


サイドには長ーいリップスポイラーと、エンジンに空気を取り込む、ほんとに大きなダクトがあるよ。
SVJ15


後ろには大きなオメガのかたちのリアスポイラーが装備して強いダウンフォースを生み出すんだ。
ただスポイラーの真ん中に柱があるから後ろが見にくくなっちゃてる。
SVJ8


テールライトのターンシグナルデザインが立体的で未来感がでているね。
SVJ19


ディフューザーがとにかく大きい。特大フィンになってる。
マフラーの口も高い位置になっていて戦闘機みたいだね。
エンジンとマフラー口を近づけて、パイプを短くして軽量化しているんだ。
SVJ7


エンジンカバーも立体的に段々、でこぼこになっていてる。エンジンの熱をたくさん逃がすだね。やけどするから手を入れたらダメだよ。
この下にあるエンジンが爆発して770馬力を生み出すんだ。
SVJ11


4. インテリア


デザインはアベンタドールよく似ているけど、
徹底的に軽量化されているんだ。
コンソールボックスもないからちょっと不便だね。
SVJ26


ドアトリムもカーボンファイバー。もちろんドアノブは軽量化のためナイロン製だよ。
SVJ221


フロアーカーペットもいらないや。
SVJ22


センターコンソールはジェット機のコックピットだね。
赤のカバーをフリップしてエンジンスタート!
SVJ27


SVJには4っつの走行モードがあるよ。
ストラーダ、スポルト、コルサ そして、エゴだよ。エゴは自分のすきなようにセッティングをカスタマイズできるんだ。
SVJ33


5. 動画視聴


ユーチューバーのドウグ デミューロさんが運転しているからみてね!
チャンネル登録してあげてね。


6. スペック


国 : イタリア

メーカー : ランボルギーニ

エンジン : V12気筒自然吸気エンジン

トランスミッション : 7速ISR

最高速度 : km/h

0-100: 2.8秒

HP  : 770馬力

TQ :  73.4kgm

重さ : 1525キロ

プライス : 新車5500万

7. まとめ


いいねいいね👍ポイント
ランボルギーニ最高パワー770馬力!
先進技術のアクティブエアロダイナミクスALAでトップを走るぞ!
クールで完璧なデザイン。世界900台にあえるかな!

よくないね✋ポイント
軽量化のパケットシートリクライニングしないよ。
荷物がつめないよぉ。
リアスポイラー形が特殊で視界がよくないよぉ。

はしる   

まがる   

とまる   

カッコよさ 

豪華さ   

レア度   

生産台数  :ワールド900台

価値 : ランボルギーニ最高馬力。フェラーリスーパーファストとどっちが速い?

前の車 : アベンタドールSV

後の車 : アヴェンタドールSVJ63

また次回新しいおもちゃのスーパーカー紹介するからみてね。

↑このページのトップヘ