スーパーカーランド !

こんにちは。
スーパーカーランドへようこそ。
名車 スーパーカーの紹介をしていきます !
動画視聴もあるよ !

ストーリーが逆になってしまいましたが、ロータス エヴォーラ スポーツ410の前にニッサン 「370Z NISMO」アンロックされました。

Screenshot_20201108-134702

Screenshot_20201108-134933

アメリカで発売された「370Z NISMO」は、日本の6代目、Z34型「フェアレディーZ NISMO」になります。

フェアレディーZはニッサンを代表するスポーツカーで、世界100ヶ国以上で販売されている世界戦略車であり、ワールドワイドに人気のあるスポーツカーです。

アンロックされた「370Z NISMO」はマイナーちチェンジされた2015年モデルにモデルになります。

最高出力 355馬力/7400rpm
最大トルク 374Nm/5200rpm

通常モデルより19馬力 トルク9Nm向上しています。

さほど変わらないスペックですが、多数のニスモ専用パーツを搭載しています。
これはニスモデザインアイデンティティーに基づくものです。

アピールポイントは3つ。

1. デザイン
2. エンジン
3. マニュアルトランスミッション

デザインは「ニスモ レッドアクセント」を取り入れ、大きく変更されています。

ニスモ専用レッドアクセント入りフロントバンパー
ニスモ専用レッドアクセント入りサイドシルプロテクター
レッドアクセント入りディフューザー

他にもLEDハイパーデイライト
ニスモ専用リアスポイラー

レーシングカーの技術を取り入れた多数のニスモ専用パーツが装備され走行性能向上とノーマルモデルとの差別化が図られています。


エンジンは355馬力 3.7リッター 自然吸気V6エンジンです。
エンジン型式は「VQ37VHR」。
大排気量、高回転、高トルクが特徴的なエンジンで、鋭いアクセルレスポンスや高回転のサウンドもドライバーに気持ちのいいエンジンに仕上げてあります。


「370Z ニスモ」を自由自在に操りたいドライバーにはシンクロレブコントロール付き6速マニュアルトランスミッションが用意されています。
これはシフトダウン時にエンジン、トランスミッションの回転を瞬時に同期するシステムで、すばやい、スムーズなシフトチェンジが行えます。
もはや「ヒール&トゥー」は必要ありません。


この魅力あるデザイン、スペックをもった「370Z ニスモ」を世に送り出した時の代表取締役がカルロス ゴーンです。

Newマシーンアンロックされました!

ドイツ製 「BMW 3.0 CSL オマージュ 」!

2015年にBMWが発表した2ドア 2人乗り 後輪駆動 ハイブリッドスーパーカーです。
コンセプトカーになりますが、現車がちゃんと存在するんです。

残念ながら馬力、トルク、最高速度、0-100km/hなどのスペックはBMWから正式に公表されていません。
市販化はない模様。

パワースペックは3000リッター 直列6気筒ツインターボエンジン+「eブースト」電気モーター搭載なので、ゆうに500馬力は越えています!

1971年末から1975年に登場した伝説のレーシングカー「BMW 3.0CLS」をオマージュしたモデルです。
そのデザインと遺伝子を受け継いでいます。
さらに、BMWの未来に向けたコンセプトモデルでもあります。
その後レーシングカーバージョン「BMW 3.0CLS オマージュR」が発表されています。

ちなみに、CSはクーペスポーツ、Lはドイツ語のLeicht 軽量を意味しています。
このオマージュモデルではアルミニウム素材からカーボンファイバーの使用へとし超軽量化をはかっています。

まず目に飛び込んでくるのが、まばゆい蛍光色「ゴルフ イエロー」。
めだってなんぼのスーパーカーに蛍光色がほんとよく似合います。

フロントにはBMWを象徴する大型キドニーグリル。
グリルの両サイドにはダブルフック形状の「レーザーヘッドライト」を装備しています。
よく見るとライトセンタは「X字」に点灯しています。
これはレースでライトが割れて飛散を防ぐためのテーピングをデザイン化したものです。

長いボンネットデザイン、ボンネットの整流板、サイドのストライプ、大型リアウィング、ルーフスポイラーなど過去の遺伝子を受け継ぎ現代風にデザインされ、オマージュされています。

エキゾーストは右サイド出し。
スーパーカーとしての視覚効果アップ。
さらにパイプが後ろに位置しない分、リアデザインがすっきり。

巨大リアウィングはリアフェンダー一体型です。
一体にすることにより、テールライトとハイマウントストップランプをつなげて、まとまりのある独特のバックデザインを構築しています。

リアフェンダーとリアウィングの間には空気が後方へ抜けていく空洞があります。
このホールによりエアロダイナミックスの向上をはかっています。
このように一体型デザインが機能面にも役立っています。

この空洞デザインは現在発売されているBMW i8に反映されていますね。

【BMW 3.0 CSL オマージュ コンセプト 動画紹介】

昨日やっとNewマシン アンロックされました。

416馬力 ロータス 「エヴォーラ スポーツ410」ゲット!

Screenshot_20201127-234724

Screenshot_20201127-234759

いやいや長かった…

ロータス 「エヴォーラ スポーツ410」のスペック勝手に深掘りしてみます。⬇️

ロータス カーズはライトウェイトスポーツカーを製造販売しています。

1 オープントップ エントリーモデルの「エリーゼ」
2 クーペのハイパフォーマンス、スパルタンモデルの「エキシージ」
3 ひとまわり大きい4人乗りミッドシップの「エヴォーラ」

おおまかに上記のような3つの主力車種を製造販売しています。

2015年に登場したベーシックモデル「エヴォーラ400」のハイパフォーマンス化、徹底した軽量化をおこなったものが、この「エヴォーラスポーツ410」です。

簡単なスペックはこちら。

▪️MR ミッドシップ スポーツレシオ6速MT
▪️最高出力 416馬力/7,000rpm
▪️最大トルク 420Nm
▪️0-100km 4.2秒
▪️最高速度 305km/h

4人乗りだった「エヴォーラ400」をさらにチューンナップし、出力アップと超軽量化を図ったロータス高性能スポーツバージョンです。

特に軽量化が以下のようにかなりストイック。

リアシート取っ払い(2人乗りへ仕様変更)
アルカンターラ トリムカーボンスポーツバケットシート
カーボンルーフパネル
カーボンテールゲート
カーボンディフューザー
などなど多数カーボン取り揃えております。

「エヴォーラ400」に比べ70キロも軽量化。


面白いのが搭載されてるエンジン。

3500リッター V型6気筒スーパーチャージャー+インタークーラー VVt-iエンジン
型式 「2GR-FE」

この「2GR-FE」はアルファードの上級モデルなどに搭載されているトヨタ自動車製のエンジンです。
280馬力のトヨタ製エンジンをベースに、スーパーチャージャー、ロータス製インテークエキゾーストマニホールド、制御プログラムでパワーアップを図っています。

アルファードのエンジンもチューニングしだいで400馬力越えも可能なんですね。
3500ccのアルファード ヴェルファイアーは稀少だけど、なんか夢ある話し。

サイドとテール部分、よくみてみると「410 SPORT」バッジがちゃんと再現されていますね。
SPORTは見にくいけど。

Screenshot_20201128-132651~2

IMG_pyn28b

タイヤはツイッターでも紹介した「ミシュラン パイロット スポーツ カップ2」(PILOT SPORT CUP2)。

サーキット走行、公道走行も可能なハイブリッドタイプ レーシングタイヤです。

高性能タイヤのわりに「PILOT SPORT CUP2」のフォントがかわいいらしい。

新車価格 1370万 F6

もっと詳しく知りたい方は…リンク貼っておきます。

【ロータス正規ディーラーリンク⬇️】
http://www.lotus-yokohama.com/evora_410.html
【ロータス エヴォーラ スポーツ410 動画紹介】

↑このページのトップヘ